--- M E N U ---


広告協賛


TEDxKagoshimaUniversity  

和元年度 法人・個人協賛会員募集

 

鹿児島陸上競技協会

サイト内検索 AND OR

total

today
yesterday

令和3年9月23日(木)

 9/19、日。全国小学生陸上交流大会当日を迎えました。朝5時起床、チェックアウトの準備まで済ませ、朝食会場へ。6時から朝食、黙食、そのまま全員でチェックアウトし、徒歩で競技場に向かいました。前日とうって変わって、台風一過、快晴です。

 ここからは各自、自分の出場時間に合わせ、アップ、招集と動きます。わたしは5年男子100mに出場する選手のアップにつきました。13秒台を目標としていましたが、14秒前半のタイムでした。しかし、来年もこの舞台で上位に立つためには、どれくらいレベルアップが必要なのか、具体的なイメージができたと思います。走高跳に出場した子が県新記録を樹立しました。この1か月半、跳躍練習はほとんどできなかったはずですが、力あります。

 例年だと、17時近くまで競技が続き、もう1泊して翌日鹿児島に戻るのですが、短縮スケジュールで、15時には競技が終わり、そのまま専用バスで羽田に向かいました。羽田で1時間ほど自由時間をつくることができました(みんな前日からお土産を買う時間があるのか心配していました、笑)。

 20時前、鹿児島空港に着き、ここで選手団解散、総監督の任を降りました。わたし、基本的に集団行動が苦手でありまして、そんなわたしが集団を率いないといけないのは、とっても大変なことです。自分一人なら、なんとかなるだろうで済ませることも、率いる立場だと、動線からタイムマネジメント、細かく設定しないといけません。しかも相手は子どもたちですから、1泊2日、みんなが無事鹿児島に戻ってくることができてほっと、大きく胸をなでおろします。この日はトレーニングをする時間がつくれませんでしたので、家に戻り、バキューンと30分ほどインターバルをつめてトレーニングをしたら、呼吸が相当にあがり、シャワーを浴びて、ふう〜と、ハイボールを飲みましたが、30分ほど心拍数が高いままでした。身体によくないですね。

 ツイートする シェアする

CopyRight 2021 All rights reserved by Keisuke Ohta