--- M E N U ---


広告協賛


TEDxKagoshimaUniversity  

和3年度 法人・個人協賛会員募集

 

鹿児島陸上競技協会

サイト内検索 AND OR

total

today
yesterday

令和4年1月26日(水)

 1/24、月。昼からオンラインの会議。九州ブロックの総合型地域スポーツクラブ、各県の会長や県スポーツ協会関係者の会でした。主に、4月からスタートする登録認証制度に伴う、県組織の内容等についてです。夕方は高校部活動トレーニング。学校近くの坂でダッシュでした。わたしも3本ほど走りました。翌日、ケツが筋肉痛になりました。現役時代、坂ダッシュは相当やりました。平地で走るより速いんじゃないかと、笑われてました。

 1/25、 火。午後から県教育安全振興会の会議でした。長くお務めいただいた方が昨年ご退職され、なので、細かいところ、ここはどう、あそこはどう、諸々出てきていて、昨日も規則の中の解釈、議論をしました。終了後、事務局で決裁等を済ませました。そのまま高校部活動のトレーニング。ウェイトトレーニング。現役時代、わたしの愛読書の1つが「マッスルアンドフィットネス」でした。短距離の練習は、基本はドリルをして走技術を身につけたり、走ったり跳んだりで、陸上競技の書籍にはそれらのメニューややり方について、いろいろなことが載っているのですが「必要な筋肉をつけたいところにつける」ということに関しては、あまり詳しく載りません。例えば、臀筋をアイソレイトして鍛えるには、という疑問について、そういうことはボディビルの専門書のほうが詳しく書かれてあるのです。ボディビルダーって、でっかい筋肉をただでっかくさせている人たちと言うイメージあるかもしれませんが、とんでもありません、めちゃくちゃ筋肉の細かいところ詳しいし、とってもディテールに鍛え上げている人たちです。ということで、実は走ることもですが、ウェイトトレーニングもフォームが大切で、狙った筋肉に効かせるには効果的なフォームというものがあります。今はYOUTUBEがありますから、ベンチプレス1つ検索してもマニアックな解説いろいろでてきます。

 ツイートする シェアする

CopyRight 2022 All rights reserved by Keisuke Ohta