TOPPAGE>>

Back Number87 令和3年

4月15日(木)


 4/14、水。午前中から会議室に入り、県P連の期末監査を実施しました。監事の方々にすべての会計の帳票や書類、通帳等を確認をしていただきます。時間はお昼をはさみ16時まで準備をしてありましたが、午前中ですべて終了しました。監査総評でいくつかご指摘いただいたところについても真摯に踏まえ、今後の適正な執行または県P連運営に努めてまいります。

 午後は学校へ、5.6年生の学級PTAでした。6年生が一番ナーバスになります。つまり、6年間で一度は役に就いていただくという「きまり」になっているのですが、一度も役に就かないまま、最後のこの学級PTAにも来ていないという方。その方に何らかの役に就いていただくということになるのか、何かしらご事情があられるのだろうから、やれる人がやりましょう、となるのか。できれば後者になってほしいのですが。そうならないこともあります。今回もいろいろとありましたが、なんとか…。

 そういえば、1年前、全国的には地域を限定した緊急事態宣言が出され、感染が広がっていた時期で、ほとんどのPTAがこの学級PTAをとりやめる中、うちはを開催して、わたしにも、こんな時にやるのか、といったご意見が入り、たいへん緊張をしながら開催をしたことを思い出しました。各学級PTAを回りながら、校内をぶらぶら歩いていると、初任者研修担当の先生が変わられていて、元校長先生ですが、よくご存じの方で、この学校の卒業生ということも存じ上げていましたので、第1声が「母校へ、おかえりなさい!」でした、笑。とっても素敵な方です。

 

4月13日(火)

 4/12、月。金曜日にまん延防止なんとかかんとかが発令され、この日から適用とのこと。早速、アサイチで県P事務局とやりとりをし、沖縄と東京への出張をどうするか、キャンセルできるのか、料金のこと、諸々情報を整理してくださいと伝えました。出張がすっかりなくなり1年、そして結果、今月のそれらの出張2件もキャンセルとなりました。結局、九州各県の会長さん、1年間一度もお会いしなかった方もいます。夕方、次男が「坊主にするからバリカンを準備してて」というので、髪が散らばって面倒くさいので1000円カットで切ってこいと言いました。そして丸坊主になって帰宅してきました。何をやらかしたのかと心配しましたが、今週末から記録会が始まるので、先輩たちと一緒に気合を入れたんだと。現在、故障中で練習も積めていない状態ですから、気合だけ空回りしないように気をつけてください。まずはケガを治して。

 

4月12日(月)

 4/8(木)、午後から県P事務局へ。3月末で会計を閉じ、総会に向けて期末監査を受けるのですが、その前にわたしもすべての帳票を含む、収入支出の書類すべてに目をとおし、印鑑を押します。こうして何度かこのような作業を繰り返すうちに、県P連の事業のこと、会計のこと、自然と頭の中で理解ができるようになります。でも、ずーっと数時間数字を見るわけで終わる頃には頭がぼーっとしてきます、笑。終了後、決裁まで済ませ帰宅をしました。

 

4月9日(金)

 4/5、月。午後から九州地区高等学校PTA連合会、事務局長の会が鹿児島市内のホテルで開催されました。各県の局長が集まる会ですが、わたしは今年度、連合会会長を仰せつかっており出席をしました。6月に開催される九州大会に向けて、各県からいろいろな意見が出ました。会食は控えさせていただき、夕方のネオンが灯りはじめる時間帯にとぼとぼと帰路につきました。せつないなあ。

 4/6、火。小学校の入学式。昨年は祝辞もなく出席だけだったのですが、今年は、祝辞をお願いします、短いバージョンで、という依頼がありましたので、最短の2分切りの祝辞でした、笑。いつもいつもかわいい小学1年生です。小3の娘は新しい教室、新しい担任の先生です。例年ならこのまま児童クラブ入所式、午後から中学校の入学式と続くのですが、どちらも昨年に続き出席なしです。事務所に戻り、昨日から2日にわたり、テレビ局から取材を受けてきて、最後にじっくり記者さんとPTA活動について、インタビューを受けました。

 4/7、水。高校の入学式。2日続けての祝辞です。今年初めて、高校の卒業式、入学式で祝辞を述べましたが、高校生に話す内容については、またまた難しく、けっこう悩みました。昨年の次男の入学式から1年が経ったかあと。とにかく入学式の後は、いろいろな買い物があり(体操服等)、くたくたになって帰宅したなあと。夕方その次男が外科病院で診察を受けました。3月に入り、怪我がでて、よく練習ができていません。まぁ今まで冬季練習らしいことやったことありませんから。それが県下一番ハードなトレーニング量をこなす学校の冬季練習を初めての冬季練習をやったわけですから。食事や身体のケア等まだまだ未熟です。

 

4月8日(木)

 4/1、木。午後から副理事長を務める教育安全振興会の内部監査を実施しました。会費や共済事業での怪我事故の状況とお支払いの状況等について各書類を元に1つ1つチェックをしました。夜、なんと、夕食を作る気がおこりません。美味しいものをつくったとしても、県外に行ってしまった長男はそれを食べることができないし、また、ちゃんとお腹いっぱい食べることができるのだろうか、そんなことを考えると自分たちだけが美味しい夕食を食べるなんて、、いやいや、親心って繊細です。

 4/2、 金。午後から県P新聞の編集委員会でした。途中事務局に来客があり、年度代わりのご挨拶ということでした。某報道関係の方から取材の依頼が入りました。PTAに関してです。4月のこの時期のPTAへの取材というのは、勘のするどい方はおわかりかと思いますが、素直に喜んで受けられるような内容ではないかもしれないということはわかっていました。ただ、わたしはこの手の取材がきたら絶対に受けて、PTAの活動の意義、メッセージしっかりと伝えたいと決めていました。

 

4月5日(月)

 3/31、水。この日が来てしまったかと。嫁さん、起きるなり、もう泣いています。長男が大学進学のため、この家を出ます。18年前、わたしたち夫婦の初めて子どもとして産まれ、以来、わたしたちも親としてすべて初めての経験を重ねてきました。この「旅立ちの春」も初めての経験です。10時過ぎに家を出て、部活の次男以外、長女次女もいっしょに空港に向かいました。空港に着くなり、キャリーバッグが壊れ、この先を案じます、笑。 搭乗ゲートで別れ、飛び立つ飛行機までデッキで見送りました。窓側の席で、手を振るわたしたちのこと、しっかりと見えたそうです。

 夕方は県P事務局に向かいました。本日付けで退職の職員の辞令を申し述べました。3年間、会長と局長として二人で歩んできました。3年間のいろいろな思いがよぎり、涙が溢れてきました。泣きっぱなしの1日となりました。

 長男、寝具が届くのは翌日ということで、この日は寝袋で寝たのだそうです。とにもかくにも、一人暮らしの新生活が始まりました。寂しさとほっとした気持ちと入り混じる複雑な気持ちです。

 

3月30日(火)

 3/28、日。朝は早くに目覚めて、外の様子を、そこまで強くは降っていません。雨雲の動きをネットで調べます。昨日、昼頃の予報では正午くらいには晴れてきそうな予報になっていましたが、よくわからない感じになってきました。30分ほど軽くトレーニングをし汗をかき着替え朝食を食べ準備をして外出。「第20回50mダッシュ王選手権」です。競技場に着き、まず、テント設営、PTA活動11年、毎年、運動会、バザーでたくさんのタイプのテントと格闘してきた経歴が活かされました、笑。テントを立ち上げ、すでに汗と雨でびしょ濡れ。9:30スタート開会式が終わった後はなんとか小降りになってきましたが、まったく油断ならない天候で、雨雲の予測がつきません。結果的には開会式の時がMAXで、その後の競技進行時はそこまで強く降らなかったのは幸いでした。雷の予想も出ていたので、緊張をしましたが、そのような強い雨雲はなく、無事、1日が終わり、ほっとします。朝早くからお集まりいただいたボランティアの皆様、参加者の皆様、応援の皆様、感謝申し上げます。

 

3月29日(月)

 3/26、金。午後から学校へ。昨年もでしたが、転退職の先生方と送別会ができませんので、体育館にシートを敷いて茶話会を開催しました。それぞれ先生方、お仕事の合間に顔をだしていただき、いろいろな話に花が咲きました。お世話になった教頭先生もご異動です。先日発表になった教職員の異動の一覧に教頭先生としてお世話になった方々がその後校長先生になりこの春で退職とでていました。もうご退職かあ、と。PTAと関りはじめ、突っ走ってきましたけど、もう10年以上の月日が流れています。時の流れを感じます。

 3/27、土。日中は半袖で過ごせるほどの晴天、でも、心の中は鬱々とします。翌日にイベント控えていますが、予報は雨100%。その雨がどの程度のものなのか、どの時間帯に降るのか、何度も天気予報を見ては、刻々と変わる状況に一喜一憂します。

 

3月26日(金)

 3/24、水。穏やかな春の日差しの中、小学校の卒業式でした。昨年の大混乱の中での寂しい哀しい卒業式から1年、そして今年も来賓は大幅にご遠慮いただき、わたしと教育委員会の方のみ、在校生の出席はなし、保護者の入場制限も設け、内容も簡略化、歌も演奏のみという式でした。先生方の今の精一杯が伝わってきましたし、わたしも短いメッセージの中で、明るい未来に向けて、今の気持ちを伝えました。終了後、校長室で次年度の件で打ち合わせがあり、昼からは県の助成委託事業の説明会、20分ほどで退席をし、安全振興会の用務で、理事長の代理で、共済事業でお世話になっているドクターや弁護士の皆様の年度の切り替わりのご挨拶回りに伺いました。最後は県P事務局でたまっている決裁を済ませました。

 3/25、木。午後から育英財団の会議。終了後、県教委の某部署に長男が中学時代3年間お世話になった先生がいらっしゃって挨拶に伺いました。3月末でご異動とのことでした。帰ろうとしていたところ、携帯がなり、その会議で名刺交換をしたばかりの方で、ちょっといろいろと話がしたいということで、急遽お伺いすることになり、県内の教育環境のことについて意見交換をさせていただきました。帰りが遅くなりました。

 

3月25日(木)

 3/21、日。午前中は前夜に続き、一人事務所にこもり、50mダッシュ王選手権、プログラムの作成業務。午前中で仕上げ、午後は、次女のダンス教室の発表会が開催され、見にいきました。

 ダンス教室に通い始めて半年、週に1回、わずか60分のレッスンでここまで踊れるようになるものだと、関心いたしました。また、元気よく踊る皆さんを見ているだけでこちらも元気を分けていただいたように思います。このようなイベントが少しずつ開催されるようになり、社会が少しずつ正常に戻りつつあることが感じられ、ほっとします。1年前の今頃は、ウィルスの正体もよくわからず、苦しかったです。少しずつ少しずつよくなりますように。

 3/22、月。午前中は印刷会社の方と打ち合わせ、前日に仕上げたプログラム原稿をお渡ししました。昼からはカーディーラーで車の点検とオイル交換。オイル交換をすると、気持ちがスッキリします。夕方は理事を務める法人の幼稚園の運営についての理事会が開催されました。

 3/23、火。午前中は、こちらは県P会長の充て職として監事を務める法人の理事会でした。県内の高校生や大学生への奨学金制度の運営をしている法人です。午後はPTA会長を務める高校へ、次年度事業の向けて三役会でした。自分で書いててもあっちゃこっちゃいろいろな肩書き、笑。会議、終わると、ちょうど部活動が始まっていて、次男の練習の様子、少し見ました。1年前、高校入学時、体重53キロが、現在61キロ。しっかりとした身体つきになってきました。でも、腕相撲はまだ負けません。

 

3月22日(月)

 3/19、金。午後から事業計画発表会。ゼネラルマネジャー、事務局長、それぞれから今年度の総括と次年度の計画について発表してもらいました。これを受けてわたしが次年度の経営計画を立てます。

 3/20、土。午前中は陸協の理事会でした。事務所に戻り、50mダッシュ王選手権の番組編成を1時間ほどでぶわーっと組んで、次女をダンス教室に送り、戻ると来客、再び次女を迎えにいき、再度、プログラムの編成作業。少しだけクラブの練習に顔をだして、夜は一人事務所にこもり編成作業を続けました。

 

3月19日(金)

 3/16、火。午後から市のスポーツ推進審議会が開催される予定でしたが、前日に電話があり、延期となりました。予定が空いたので、学校へ出向き、PTA会計の監査前に収支簿すべてに目を通し印鑑を押しました。

 3/17、水。午前中は姶良にある県学校給食会の評議員会、お隣に座られたのは某町の教育長さんですが、わたしがPTA会長になった時に校区の中学校の校長先生だった方です。久しぶりの再会でした。新聞報道等でご存じの方も多いかもしれませんが、福岡市の件、気になります。午後は安全振興会の審査会、理事長不在で代理で進行役を務めました。終了後、決裁をしました。

 3/18、木。午前中は運営委員会、各事業の進捗状況を協議しました。午後は予定していた会議がこちらも延期になりました。50mダッシュ王選手権、今月28日開催予定ですが、申し込みが締め切られました。ほぼ想定通りのお申し込み数をいただき、ありがたいことです。今年が20回大会で、節目の大会となりますが、何かそれなりのことをしないといけないのか、どうか、考え中です。

 

3月17日(水)

 3/15、月。午前中はお客様、鹿児島高等特別支援学校の生徒さん4名と担当の先生1名がお越しになられました。なんと、SCC号の洗車をしてくださいました。就職のための技能実習の一環で、身に着けた技術を実習として活かしたいということです。PTAつながりでいただいたお話ですが、たいへん、ありがたく、2時間半ほどかけてピッカピカにしていただきました。また作業にあたられる真摯な姿も素晴らしく、その姿を見ているだけで、わたしの心が洗われました。午後から6月開催の高校PTA九州大会鹿児島大会の役員会でした。開催まで3ヵ月という段階まできました。

 

3月16日(火)

 3/14、日。鹿児島市内にある自宅から1時間ちょっと車を走らせました。告別式に参列しました。PTAの会員様がお亡くなりになられ、PTAを代表して参列しました。言葉がみつかりません。子どもたちもまだ幼く、突然の別れをどう感じているのか、奥様、ご家族も、その辛さ、推し量ることもできません。心からご冥福をお祈りいたします。競技場では記録会が開催され、次男も出場予定でしたが、脚に違和感あり、棄権をしました。

 

3月15日(月)

 3/11、木。昼から県教委の会議、国のGIGAスクール構想に伴うもの。4月から一人一台端末の教育環境がスタートしますが、良い活用をいかに家庭に広げていくか。PTAとしては子どもとインターネットやスマホの関係について、非常にシビアに考えてきました。いろいろなトラブルを起こすものなので、極力遠ざけておきたいと。しかし、もうそんなこと言っていられません。問題の本質は何か、スマホの長時間利用による、基本的生活習慣の乱れやネットトラブル、つまり、問題の本質はもう持たせる持たせないではなく、つまり、冒頭記しているように、学校で良い使い方を習うわけですから、それを家庭で更に活用する、そういう良いスパイラルを生み出すよう、教育委員会とPTAと一体となった取り組みが必要です。

 3/12、金。午前中は学校のPTAで新年度の役員が内々で概ね決まってきていて、もちろんこれからの理事会や総会でご承認をいただかないといけないことですが、新旧のメンバーが引継ぎも含め、顔合わせをしました。午後は、県教育安全振興会の評議員会でした。いったん、自宅に戻り夕食をつくり、夜はクラブの練習をみました。4月からの新居を探しに、2泊3日で、長男と家内が不在にしていましたが、この日、帰ってきて、ほっ。料理、洗濯、掃除、3日間、がんばりました。

 

3月11日(木)

 3/11、木。昨日は、夕方からセミナーに参加しました。自ら申し込みをしました。動画配信のセミナーです。講師の先生、某企業の動画配信の担当となり、最初はまったくの素人で、普通のPCでのZOOM配信から始まり、次から次へと課題がみつかり、それに対応する中で様々なやり方を試し、WEBカメラを一眼レフへ、手作りプロンプター、手作りグリーンバック、マイク、複数カメラ、画面合成、音声ミキサー、次から次へと新しい手法に取り組んでいったその過程をリアリティたっぷりにお話され、たいへんおもしろかったです。

 

3月10日(水)

 3/8、月。国際女性デイ?ということで、夕食づくりはわたしが担当しました。月曜なのにフライデイ!まっ茶色。

 ささみしそカツ。チキンナゲット。フライドポテト。からあげ。何のパーティ?ではなく、高校生男子2人がいる6人家族ですから、普通にこれくらいのおかずが必要です、笑。

 3/9、火。サンキューの日。午前中は確定申告。年に一度のこの業務、つくづく面倒くさい。毎年やり方が変わる、ついていけない。昨年はうまくいかず、最後結局、紙で税務署に提出しました。でも、面倒くさいことは大事なことなんです。ということでとりかかりました。今年は比較的順調にできて、最後のマイナンバーカードの読み込みのところでうまくいかないところがありましたが、2時間ほどで完了しました。はい、今年も追徴です。

 

3月9日(火)

 3/7、日。陸上競技協会の審判講習会でした。2021年度ルールの修改正について講習を受けました。毎回、A3判の小さい文字いっぱいの紙資料を読みながらの講習でしたが、今回はパワポ資料も大きな画面で併用されていてポイントを抜き出してあり、説明もたいへんわかりやすかったです。18年くらいずっとスターターをやってきたのですが、この審判業務との関わり方もどのようにするべきか。審判業務は朝7時過ぎから夕方まで丸一日を費やします。なかなかこのようなかかわり方ができなくなってきました。性格上、やるならしっかりやりたいし、でも、できないのなら中途半端なかかわり方はしたくないのです。鹿児島国体まではなんとかと思ってやってきましたが、延期になった今、どのようにすべきか悩んでおります。

 

3月8日(月)

 3/5、金。午後から県P連の役員会でした。GIGAスクールに伴い、4月から小学校中学校は児童生徒に1人1台端末の環境がスタートしますが、もし、我が子が壊してしまった場合、その補償はどうなるのか、県P連の保証制度はどのように対応できるのか、役員間で情報を共有しました。終了後は、事務局で、書類の決裁がたまっていて、ひたすら内容に目を通し印鑑を押しました。夕方はクラブの練習をみました。少しずつ練習の強度が量→質に切り替わってくる頃です。

 3/6、土。午前中は県陸上競技協会の常務理事会、9時からたっぷり3時間、昼まで協議をしました。家に戻り、がーっとトレーニング。トレーニングの合間のインターバルを使ってはあはあ言いながらパソコンで仕事。わたしの仕事はトレーニングの隙間か?再度着替えて外出、午後は市P連の理事会でした。わたしは今は役員ではないので、イチ参加者としてフロアで議論のやりとりを聞いていたら、キラーパスが飛んできて、久しぶりに市P連の理事会でマイクを握りました、笑。予定していた時刻よりも少し早く終わり、そのまま競技場へ。北海道からクラブの練習を視察させてほしいと依頼がありこの日でした。30分ほどでしたがお会いすることができました。

 

3月5日(金)

 3/2、火。夕方から市P連の会議でした。

 3/3、水。愛犬ラテくんが我が家にやってきて丸1年が経ちました。あの休校がきっかけでおうち時間がみんなの癒しになればとペットショップから連れて帰ってきました。あれがなければ今頃どこでどなたに飼われていたのか、もう我が家にとってはかけがえのない存在です。最近はブラッシングの時間がわたしの癒しの時間となっています。毛がほつれていく感じがたまりません。

 3/4、木。午前中は来客が2組2名、1組目は某高校の先生で、生徒への職業訓練プログラムについて、もう1組は、明日の会議の下打ち合わせでした。午後は市役所の支所でマイナンバーの更新手続きを行いました。郵便物が送られてきて、それを読んでも何をしないといけないのかさっぱりわからなくて、とりあえず持っていけばよいものをもって窓口にいき、手続きは待ち時間も含め15分ほどで終わったのですが、混雑もしていない時間帯だったので、まったく意味がわからなかったチラシの中身についていろいろと質問をしましたけど、よく理解できませんでした。嫌な市民?とにかく5年に一度はこうした更新の手続きをするらしいのですが、5年後はそれはそれで、またスマホでできたりとかどんどん変わっていくだろうし、そういえばマイナンバーの前に住民基本台帳カード?とかありましたけど、あれも結局どうなったんですか。

3月4日(木)

 3/1、月。アサイチで次男が通う高校へ。卒業式です。PTA会長として祝辞があります。昨年4月、次男の入学と同時にPTA会長に就任しましたが、会議や行事は軒並み中止や書面開催が続き、6月くらいの役員会に出席したのが1回目、ある契約をするのに書面にわたしの印鑑が必要なところがあり2回目、そして今回と、PTA会長として学校を訪れるのは3回目です。なので、祝辞の内容を考えるのに今までで一番苦労したかもしれません。でも、3年生と同い年の長男のことも思いながら、文面を仕上げました。時間は4分。スピーチや挨拶をするのに実は時間には気を使っています。普通の会議であれば2分以内、こういった式典のあいさつは4分以内。長すぎず短すぎず、を気をつけています。で、無事、大役も終え2日にわたるそれぞれの卒業式、無事終了しました。

 

3月3日(水)

 2/28、日。アサイチで次男を部活で駅まで送り、長男を学校まで送り、続いて、家内を学校まで送り。自宅に戻りふう〜と少しゆっくりしてからスーツに着替え、長男の学校に向かいました。長男の高校の卒業式でした。このコロナで出席は1家庭保護者1名のみということで、わたしは留守番でしたが、終わる頃に体育館前で出待ちをしました。胸にコサージュをつけた長男が、晴れやかな表情で、体育館後方から出てきた姿を見た時は、少し涙腺が緩んでしまいました。彼にとってどんな3年間だったのだろうか。まだ振り返るには早過ぎるので、もう少し大人になったら、お酒でも飲みながらゆっくり話をしてみたいなあ。そのままクラスメイトと一緒にご飯食べてくると、わたしたちは寂しく二人で帰宅しました。卒業おめでとう。卒業式は終えましたが、まだ大学入学試験も残っていますので、今も毎日学校に行っています。制服姿の見納めは今週末くらいになりそうです。

 

3月2日(火)

 2/26、金。昼から県P広報紙コンクールの審査会でした。冒頭あいさつでもお話したのですが、広報紙コンクールといえば、忘れもしません、1年前です。木曜日の夜に全国一斉休校要請が出され、その翌日金曜日の午後です。会の途中で文科大臣の記者会見が始まり、一言一句聞き漏らすまいと、廊下でアイフォンを耳に押し付けて聞き、また、LINEでは県内各地の市町村教委の対応状況が刻々と入ってきて。その夜は、自宅に戻ると、いろいろな思いがよぎり涙がこぼれました。あれから丸1年が経ったんだなと、そして未だなお、ウイルスとの戦いは続いています、そんなこと誰が予想しただろうか、そんなことを思いました。で、今年はまた別のことでヒヤヒヤすることが起こりました。国公立2次試験で県外にいる長男から「飛行機飛ぶかなあ」とLINE入ります。空港HPを見てみると、この日の強風の影響で午前の便からけっこう欠航(ダジャレではありません)になっています。夕方の便も欠航と表示されています。おそらく午前の飛ばなかったことで、機体が無いのだと思います。つまり、長男が乗る昼過ぎの便だけが飛ぶか飛ばないか微妙なのだと。とりあえず搭乗が始まり、条件付き出発となり、飛んだは飛んだようで。無事鹿児島に着くかなあと不安に思いながら空港に迎えにいきました。が、無事、帰還しまして、ほっとしました。

 

2月26日(金)

 2/24、水。昼、長男を空港に送りました。国公立大学2次試験です。ガンバレと見送りました。帰路、で、自分はいったいもう何か月飛行機に乗っていないかなあと考えました。1年前の2月は10回近く出張がありました。午後から総合型地域スポーツクラブ全国組織の総会にオンラインで出席をしました。1画面16人映るのですが、数えたら9画面ありました。でもさすが日本スポーツ協会、仕切りばっちりでした。終了後、18時半からは別会議、こちらもオンラインで参加でした。鹿屋市で開催されたPTA関係の会議に、当初は来てほしいと言われていたのですが、昼のオンライン会議があったので、こちらもオンラインでの参加となりました。音声がなかなか聞き取り辛く、ボワンボワンとしか聞こえない中、ところどころわたしに質問がきて少々困りました。 見当違いなこと言っていなきゃいいのですが。20時過ぎに終わりました。懐かしい方と画面越しに再会しました、笑。

 2/25、木。昼から「業務マニュアル発表会」を開催しました。弊法人も設立から20年を数え、それぞれが責任をもって主体的に業務に取り掛かってくれていますが、故に、それぞれ各自のペースで業務にあたり、自分にしかわからない、つまり周りからは見えない業務というのが増えます。業務が属人的になると言いますが。大きな企業や組織はそれを人事異動をいう仕組みで人が変わっても業務は残る仕組みを作っていけるのですが、零細企業にはそんなことできません。なので、自分の業務マニュアルをつくり発表合うということに数年前から取り組んでいます。その上で、意見交換をし、そこはもっと見える化したほうがよい、とか、様々ディスカッションします。

 

2月25日(木)

 2/22、月。午前は学校で2つの会議、学校評議員会、学校給食委員会でした。終了後すぐに移動をして、某所で打ち合わせでした。

 2/23、火。午後から月次決算の会議でした。1月の数字をチェックします。それと年度の1月までの数字がでましたので、つまり10/12の数字がでました。今年度の決算がおおよそこれくらいというのが見えてきます。今年度コロナでまずは単年度赤字は覚悟して執行をしてきて、それがどこまで膨らむのかという視点でずっと見てきましたが、それがそうでもなく、というのも持続化給付金はじめ、各種補助制度が次から次へと出されましたので、それが欠損分を埋めてくれています。が、本体の収益を生み出す部分については、コロナ前には戻っていませんので、つまり、今年度より来年度のほうが影響が出そうな感じになってきました。んー。

 

2月24日(水)

 2/21、日。アサイチで学校へ、愛校作業を開催しました。愛校作業といえば、夏休みの定番行事ですが、夏は夏で開催しているのですが、数年前から6年生と6年生保護者だけは別にこの時期に開催しています。卒業を控えたこの時期にお世話になった学校へ感謝の気持ちをもって綺麗にして卒業しようとことです。今年もたくさんお集まりいただきました。ありがとうございます。

 わたしもこのシンクを担当しまして、全力で磨きました。ピッカピカ!我が家もこうしなきゃ。

 終了後、競技場へ。全5回開催をしてきたトップアスリート陸上教室、最後でした。鹿児島銀行倉岡さん、長距離のトップランナーです。所属先を鹿児島に移し、今、少しずつ調子をあげているとのことです。自身も鹿屋のジュニアクラブで育ってきたこともあり、このような教室は懐かしく、たいへん楽しかったとのことです。わたしもジュニア時代から面識があり、久しぶりにいろいろな話ができました。ますますの活躍を期待します。ありがとうございました。

 

2月23日(火)

 2/19、金。午後から教育安全振興会の審査会でした。いろいろな怪我やそれらに基づく後遺障害等の状況報告をいただくのですが、症状がひどいようなケースはぐっと心が重くなってしまいます。

 2/20、土。手帳には「県P連70周年記念式典」と書かれ、上から取り消し線が描かれてあります。予定では鹿児島県P連25年ぶりの周年記念行事を開催することになっていました。不思議な組織で「45周年」の時に式典を開催していて、50周年、60周年も開催されていないのです。なので、70年の時はきちんとやりましょう、と準備を重ねてきましたが、コロナで延期ということになりました。来年度には「70周年プラスワン式典」として開催できますように。

 昼から伊集院の陸上競技場でスタッフ陣で打ち合わせ。わたしが担当をする陸協主催の県小学生の練習会です。例年は1泊2日の合宿形式でやるのですが、宿泊は控えた方がよいということで、半日の日帰りでの開催となりました。5.6年生の県大会等で優秀な成績をおさめた子たちに集まってもらって開催します。特に6年生については、中学進学後の自分の競技生活について、分からないことや不安もあると思うので、同じように感じている同級生の仲間や中体連の先生方と接点をもってもらうことも目的としています。

 終了後、部会を開催しました。今年度の総括と来年度について協議をしました。

 

2月19日(金)

 2/17、水。午後から日本PTAの会議がオンラインで開催でした。たいへん音声が聞きづらく苦労いたしました。13:30から17:00まで。ふう〜。

 2/18、木。午前中は運営委員会、午後は県学校保健会の会議でした。会が始まる前、少し早めに着いたので、県庁最上階にあがり、雪景色の桜島を眺めました。長男を迎えに学校へ。大学受験、私立学校の受験の結果が出揃いました。夕方、来客1組2名でした。

 

2月18日(木)

 2/16、火。午前中は、県教委の会議、学校部活動の今後に関する委員会でした。今後、週末の活動を中心に学校部活動を地域部活動という形態に移行していく取組が進みます。もう20年以上も前、この総合型地域スポーツクラブの存在の議論自体が、学校部活動を地域へというのが議論の元々ですから、わたしの中では、そんなに違和感のないというか、ずっといろいろな方と議論をしてきたことで、そう簡単なことでもないし、でも良い着地点を見出さないといけないことだし、なのですが、初めてこのことを聞いた、もしくは議論をする方にとっては、大きな革命というか、ショックは大きいもののようでした。

 午後から県P連の評議員会でした。次年度の計画や予算をご審議いただく、ポイントとなる会です。すべての議案について賛成多数で通していただきました。ほっとします。続いて夜は市PTA連合会の会に出席をしました。

 

2月17日(水)

 2/13、土。日本スポーツ協会主催で、九州の総合型地域スポーツクラブの集まりが年に一度開催されるのですが、今年度は開催できず、その代替としてこの日オンラインで開催されました。ホストは長崎県です。この状況下、いろいろと趣向を凝らし準備をしてこられたことがよくわかり、よくここまでのものを作り込んでこられたなと感心しました。最後に司会の方が「お忘れ物がないように」と言うので、そこはきっりち突っ込みました。終わり次第、鴨池に向かい、クラブの練習を見て、次男と帰宅。次男が「シューズがみたい」というので、スポーツ店に寄ると、シューズもですが、幅跳のスパイクが、、とか、短距離のスパイクが、、とか、まぁ消耗品ですし、大切な脚を守ってくれているものですから、決して安くはないのですが、そこは惜しまずお金かけなきゃね、と。

 2/14、日。全5回を予定しているトップアスリート陸上教室の4回目でした。講師は大村美香さん、ハードルの選手で昨年、約30年ぶりの県記録を更新した選手です。とてもわかりやすく、笑顔で指導をしてくださいました。ありがとうございました。

 

2月15日(月)

 2/12、金。午後から市内某ホテルへ。九州高等学校PTAの理事会が開催されました。本会議は、初の試みとしてオンラインとリアルのハイブリッド方式で開催をいたしました。一度だけ別の会議でこの方法で会に出席をしたことはあるのですが、主催者側としては初の試みで、どんなハプニングが起こるのかもまったく想定もできず、ドキドキしながら参加をしました。ハウリングが難しいんだいうことを伺ったことがあります、同じところに複数端末があったりすると、隣で発した音声をマイクが拾い、それがまた音声としてオンラインで流れてしまうと。なので、極力イヤホンをつけるのがいいんだそうです。しかしそういうトラブルもなく、比較的、順調に議論をすることができました。6月開催の九州大会、ここからコロナの感染状況と社会的な空気感との戦いになりそうです。今回もいろいろなご意見いただきました。ただ、会長として、この状況下、全ての人に納得感をもって頂ける回答というのはあり得ないと思っています。一人一人の考え方、状況も違います。すでにわたしのところには、開催したほうがよい、中止にしたほうがよい、いろいろな声が入っています。なので、やはり、国や県が発出する公式のガイドラインに則ること、ここはブレてはいけないと思います。そして感情的にならずに、冷静に決めていきたいと思います。

 

2月12日(金)

 2/11、木。朝起きて、そっか祝日かと。といってもわたしの朝のルーティンは祝日平日何も変わることはありません。軽く有酸素運動をしたり、掃除をしたり、洗濯物をたたんだり。そうこうしているうちにお腹がぐーっとなり始め、子どもたちと一緒にたっぷりと朝ごはんを食べます。

 外出も来客の予定もなく、終日デスクワークでした。今週は、会議が1つ誌面開催に、大きな研究大会の開会式に出席の予定がリモート開催になり、開会式は中止でした。その前2週間がほぼ毎日のように会議が入っていましたので、比較的余裕のある1週間でした。

 今年から高校PTAの会長を務めていますが、もうすぐ卒業式を迎えます。長男が高校3年生ですので、つまり親として高校の卒業式に出るのも初。んー、どんな雰囲気なのだろう。祝辞、どうしましょう。30年前、つまり自分の卒業の時は、、夜にライブ出演があり、卒業式終了と同時に友人に車で迎えにきてもらい、友人や先生との別れを悲しむなんてことは一切なく、そのままライブ会場に向かいドカドカ演奏。そしてその翌日か翌々日には東京に向かったように記憶しています。東京に行くとすぐに陸上部の合宿で、水戸だったか、浜松だったか。で、卒業式自体のことは全く記憶にありません。

 

2月11日(木)

 2/10、水。午後から県P事務局へ、各書類へ決裁と12日に九州高等学校PTAの理事会が鹿児島で開催されるので、その打合せでした。夜は市P連のブロック理事会でした。ブロック内の輪番等について協議をしました。

 

2月10日(水)

 2/8、月。冷え込んだ朝、でも空は雲一つない青空が広がっています。アサイチで学校へ。校長室で、飾られてある歴代の校長先生方のお写真を眺めると、感慨深い思いがこみ上げてきました。尊敬する先生方、小原先生、脇先生、坂元先生、上村先生、そして目の前にいらっしゃる田辺先生。この校長室でいろいろなことを語り合いました。ま、2人だけで話をする時はたいてい良くないことが起きた時でしたが、笑。いろいろなことを乗り越えてきました。用件は10分ほどでお伝えし、事務所に戻り、前日の駅伝大会の後片付け。夜は校区コミュニティの会議でした。安心安全部会といいます。

 2/9、火。朝、スタッフから連絡が入りました。10時スタートの教室に向かっているが、道路が渋滞していてもしかしたら遅れるかもしれないということでした。すぐに出かけ、国道を通らない道を選んで会場に向かうといつも通りの時間で到着しました。幸いスタッフはギリギリで間に合い、また、ご参加の会員さんも遅れていて、教室は問題なくスタートすることができました。明け方に国道でひき逃げの死亡事故が起こっていました。許せません。お亡くなりになられた学生さん、20歳、無念であったと思います。ご冥福をお祈りいたします。夜はこの日も、校区コミュニティの会議、この日は社会体育部会。

 

2月9日(火)

 2/7、日。朝4時半起床、軽くトレーニングで汗を流し、たっぷり朝食。準備を整え、6時50分出発。主催事業の駅伝大会でした。

 当然ですが、例年と同じようには開催できず、参加チーム数、応援のしかた、いろいろな制限をさせていただいた中で開催をさせていただきました。お申込みいただいた皆様、朝早くからボランティアスタッフとしてお集まりいただいた皆様ありがとうございました。天候に恵まれましたが、それでもこの時期ですので午前中は風も強く冷え込んだ時間帯はありました。体調崩していないでしょうか。

 すべての片づけを終えて、テストを終えた長男を迎えにいきました。夜はつまみを3品ほどつくり、ハイボールを飲むと、こてっと寝てしまいました。朝までぐっすりでした。

 

2月8日(月)

 2/5、金。午後から九州ブロックPTA協議会、当初沖縄で開催される予定でしたが、オンライン会議となりました。1本電話がなり、電話をきった後、目をつむり、ふう〜と大きな息。この半年間、ずっと考えてきたこと、わたしの中で(ほかの人からするとたいしたことではないのかもしれませんが)大きな区切りをつけることにしました。まだ、はっきりとは申し上げられませんが、その時がきたらご報告いたします。

 2/6、土。午前中全国高等学校PTA連合会理事会、東京で開催予定でしたが、オンライン。昼をはさみ、会長事務局長研修会、こちらもオンライン。本来ならば、沖縄にいって、そこから東京、午前午後会議というスケジュールをこなさないといけない予定でしたが、すべて鹿児島で出席となりました。つかれません、でも、ちゃんと良い議論ができたという実感もありません。

 

2月5日(金)

 2/2、火。午後から県P連の実行委員会、各委員会の委員長からも意見をいただき、次年度の事業計画に各委員会の協議内容をどのように反映させるのか、一部意見がまとまらず、わたしに宿題が残りました。また、県教委への要望事項についても協議をしました。

 2/3、水。午後から県P新聞の編集委員会でした。前号の反省、次号の校正、次年度の編集計画等について協議をしました。夕方からクラブのトレーニングの様子をみました。部活を終えた次男を途中で拾い、帰宅しました。ちょうど1年前、その次男と大阪室内陸上に行きました。ちょうど中国でコロナが流行っていて、大阪にも中国の観光客がまだたくさんいて、街中ではマスクしなきゃね、なんて言っていましたが、そこから1年もこんなに影響が及ぶとは。次男は入学後、7キロ体重が増えました。良い身体つきになってきました。

 2/4、木。午後から県の体力向上の委員会、県内児童生徒の体力向上の取組みについて議論をします。SCCの理事長として受けさせていただいている公職で、もう10年くらいになるでしょうか。ずっと子どもたちの体力向上について議論をしています。行政の担当の方は毎年のように人が変わるわけですが、わたしは変わらないわけで、意見としてなんだか堂々巡りをしているような気がしないでもないと申し上げました。子どもたちにとって「体力」は何故必要なのか。根本的な問い、ですね。

 

2月4日(木)

 1/30、土。午前中は、陸橋の常務理事会、来年度の各競技会の日程や開催種目等について協議をしました。少し早めに退席をして、日置市に向かいました。PTA活動研究委嘱公開が開催をされました。毎年県内9会場で開催されるものなのですが、今年はこの状況でオンライン開催とか誌面公開に切り替えるところがほとんどの中、この会場だけが従来の集合開催のスタイルを選んで下さりました。当然ご意見いろいろあっただろうし、それら含め準備は相当なご苦労があられたと思いますが、開催をしていただきましたことに心から感謝を申し上げます。わたしも会場に脚を運び、当日のスタッフの皆様や参加者、来賓の皆様たくさんの方々といろいろな話をさせていただき、アトラクションの子どもたち、各PTAの事例発表、基調講演、すべてが貴重な学びであり、充実した時間となりました。昨年からこのようなPTAの研修会はほぼ開催されませんでしたので、やはり貴重だなと感じましたし、そう感じることができたのも「できない」を経験したからこそです。

 帰りはちょうど江口浜に夕日が沈む時間帯でした。寒かったので、ほんの少しですが、ぼーっと眺めてヒートアップした心をクールダウンして帰路につきました。

 

2月3日(水)

 1/28、木。午後から会議2つ。今年6月開催の高校PTA九州大会鹿児島大会の実行委員会、係の方も具体的に決まり始め、初めて会にご出席をいただいた方もいらっしゃいました。その後は県P連の高校常任委員会で今年度最終のとりまとめの会でした。終了後、県P事務局に来客があり、対応をいたしました。

 1/29、金。朝から学校、PTAの企画委員会、3学期の行事について、今年度執行残がでている会計のこと、バザーの収益金での購入品について等、でした。そしてこの企画委員会今回が最後でしたので、委員長さん、専門部長さん、一言ずついただきました。毎年なのですが、皆さん、とってもメッセージが温かくて、心がじわーっとポカポカします。今年はたいへんな年で、そのような中、役を引き受けていただいて、本当にありがとうございます。そのまま午後は校外生活指導連絡会、スクールゾーン委員会、学校保健委員会、終了は16時半でした。1日ずっと学校にいました、笑。

 

2月2日(火)

 1/27、水。午前中は、県総合型地域スポーツクラブの連絡協議会でした。1時間で終わる予定が、1時間半と30分終了がズレこみました。それでも皆さん最後まで熱心に協議をしていただきました。というのも、今年はこうした集まりがすべて中止でしたので、こうして久しぶりに他のクラブの皆さんといろいろな話ができました。また、午後からの研修会は東京からの講師が来県できず中止でしたので、これからの各施策の説明を行政サイドからいただきました。ありがとうございます。たいへん有意義な時間でした。

 午後からは社会教育委員会でした。毎年夏にかけっこ塾を開催している施設で開催されました。

 もう20年近く毎年夏に通っていますが、改めて各施設をご説明いただきながら視察をしました。その後、こういった社会教育施設を今後より有効に活用するためには、協議をしました。

 

2月1日(月)

 2月です。昨年の2月は8回出張が入り、ほとんど鹿児島にはいないような生活をしていましたが、その後、3月からピタリと出張がなくなり、それから約1年間が過ぎようとしています。

 1/24、日。主催事業の小学生を対象とした「冬のマラソン教室」の開催の様子を見にいきました。元気に走り回る子どもたちの様子は、癒されます。

 1/25、月。午前中は児童クラブの運営委員会。午後は今年6月開催予定の高校PTA九州大会鹿児島大会の役員会、いろいろな係のところに具体的に名前が入り始めました。ここから準備は加速していきます。

 1/26、火。午後から来客、1組2名、来年度の事業のことで相談でした。 

 

1月28日(木)

 1/22、金。午後から県体育センターで、総合型地域スポーツクラブの今後の支援体制等について協議をしました。

 1/23、土。午後からクラブの練習をみて、帰宅。18時頃から夕食の準備にとりかかり始め4.5分経った頃でしょうか。バンッと電源が落ち、ブレーカーが落ちたのかなと思ったのですが、そうではなく、窓から周囲を見渡すと、街灯含め真っ暗。停電です。ま、すぐに復旧するだろうとしばらくボーっとしていましたが、5分経っても、10分経っても復旧しません。車のエンジンをかけてテレビを見ます。地震速報も何もありません。スマホはWIFIは使えませんが、4Gで電力会社のサイトを見ると、このあたりのごく狭いエリア(2000戸)ほどで停電が発生していることがわかりました。オール電化の我が家、こうなると何もできません。調理、食洗器、お風呂。18時過ぎはちょうどフル稼働の時間です。まず、食洗器の中の食器をぶわーっと手洗いして、追い炊きができない風呂に風邪を引かないようにと交代で素早く入りました。ガスコンロを取り出し、それで料理をつくりました。いつまで停電続くのだろうと、このまま朝を迎えるのかなあなんて思っていた20時前に、電気が回復しました。ほっとします。振り返ればたった2時間のことですが、停電の間はいつまで続くかわかりませんし、かなり不安でした。なお、HPによるとこの停電の理由は「不明」なのだそうです。災害発生でもなく、突然の2時間の停電は人生初のできごとでした。

 

1月26日(火)

 1/21、木。国が進めるGIGAスクール構想、公立小中学校は児童生徒1人あたり一台の端末配布が、大幅に前倒しとなり、今年度中には整います。小中学校の授業はどのように変わっていくのか、先駆的な取組をしている県内の某中学校を視察に伺いました。

 英語、数学の授業、タブレットを用いそれぞれの習熟度にあわせ個別最適化された学習、その状況を1台のパソコンがリアルタイムで集約し、前方の画面に投影されます。「情報の活用力」が問われるのは生徒もですが、先生もですね。こういった日々の授業データを今後AIが自動的に集約・分析するようなシステムもできるのでしょうか。ここ5年くらいで「授業」は大きく変わっていくことになりそうです。

 

1月22日(金)

 1/18、月。午後から県教育安全振興会、研修会と審査会でした。研修会では改めてZOOMによる会議システムについて学びました。振興会では毎年共済事業の説明会を離島を含む県内各地で開催をしていて、そして今年はこのコロナで、集まったり移動をしたりそのリスクを減らすためにリモートでできないかという意見を踏まえ研修をいたしました。もう何度もZOOMでの会議には参加したことはありますが、主催者側にはなったことはなくそのことも含め勉強しました。

 1/19、火。午後から月次決算の会議。12月の収入支出の内容をチェックしました。まだコロナ前には戻りません。しかし、支出も抑えられています。これで今年度3/4の数字が出て、おおよそ決算の数字も見えてきました。

 1/20、水。午前中、会長を務める小学校PTAの三役会、今年の執行残をどう考えるか、また、バザーの益金での執行をどう考えるか、いろいろと協議をしました。午後は県P連の常任委員会、各委員会で最終の協議そして次年度へ引継ぎをご提案いただきました。最後は各区域に分かれて今後のスケジュール等の調整をしていただきました。皆さん積極的に意見をだしていただきありがとうございます。

 

1月19日(火)

 1/17、日。アサイチ、次男は部活、駅まで送っていきました。長男、大学入試共通テスト2日目。会場まで送っていきました。ガンバレ。夕方前、長男を迎えに。全日程を終えました。ここから私立受験や公立大学の個別学力検査が始まりますが、まずもって、共通テストで点を取らないと何も始まらないわけで、この2日間に最大の力を発揮することを目的としてやってきました。思えば、長男が小学校の高学年くらいの頃から、この2021の大学入試改革の話が新聞等でチラチラ記事が出るようになり、長男の時から変わるんだなと。今までのただ暗記をしてその知識を問うだけのテストではなく、自分をPRする力だとか、最初は面接がなんとかかんとかともありましたね。それから英語民間試験、記述式、ごちゃごちゃしたあげく、コロナ。いろいろと心配したところもありましたが、無事、2日間終えました。まだここからがスタートですが、夜は握り寿司をとって、慰労会でした。

 

1月18日(月)

 1/15、金。午後、授業を終えた長男と翌日からの大学入試共通テストの会場を下見にいきました。帰りに用事があり小学校に立ち寄りました。なつかしい、と、長男言います。小学生だった頃の長男を思い返します。昔はよく泣く子でした。1年生の時は学校にいく途中で転んでそのまま保健室にいくこともありました。小3の時に初めて男性の担任、それもかなりの強面で声がでかい方。他校から赴任1年目で、わたしもどのような方かわからず、最初の授業参観の時は、授業中一切笑うこともなく、この先生、どうなんかなあと思いました、長男も2か月くらいは様子がおかしかったのですが、それからメキメキと積極的になり、いろいろなことに向上心が芽生えてきたように思います。男性の先生も実はめちゃくちゃ良い方で、お酒も大好き、カラオケも上手、保護者からも大人気でした。そんなことを思い出しながら、そしてその子が大学受験です。

 1/16、土。5時にさっと起きました。わたしもなんだか緊張しています。6時に長男を起こしました。寝れた?と聞くと「うん」と、すっきりとした良い表情をしています。7時45分に家をでました。会場まで20分ちょっと、途中、朝日が射してきました。良い日になるといいな。会場近くまで進み長男を降ろしました。親ができるのはここまで、後はガンバレと別れました。次男が部活、競技場まで送りました。家に戻り、ほっ。コーヒーを飲みながら、そろそろ1科目目始まる頃だな、なんて考えました。

 昼からは告別式にPTAを代表し参列をしました。PTA会員の方がご逝去なされました。つい先日も参列したばかりだったのでその報にたいへん驚きました。お子様もまだ小さく親族の皆様の涙にわたしの胸も押しつぶされそうでした。心からお悔やみを申し上げます。

 次女をダンス教室、送り迎えをして、競技場へ。クラブの練習の様子をみました。終了後、長男の試験会場へ。18時過ぎ、辺りはもう真っ暗な中、生徒さんたちがゾロゾロと会場から出てきました。しばらくして長男もでてきました。どんな表情か。車内に入ると、いやあ、むずかしかったあ、が、最初の一言でした。翌日の新聞にも出ていましたが、今年から出題の傾向が変わることはわかっていましたが、かなり、難しくなったようです。何はともあれ折り返し地点、往路、終了。

 

1月15日(金)

 書き忘れていました、12日火曜日は昼から告別式にPTAを代表して参列をしました。子どもが通う小学校のPTA会員の方、保護者がご逝去なされました。わたしと同年代です。まだお子様も小さく心が痛みました。お悔やみ申し上げます。

 1/14、木。昼から学校へ、今月末に開催される会議に向けて打ち合わせをしました。次年度のいろいろな日程・計画を立て始めています。そのまま県P連事務局で決裁でした。

 

1月14日(木)

 1/12、火。1/13、水。両日ともに外出、来客の予定もなくデスクワークを中心にすすめました。長男が受験本番を控え、新聞等にも載っていることですが、親がコロナに罹り、家庭内感染で子どもにというケースが多いと。なので、極力予定を入れないようにしています。改めて、こうして会食や出張がないと、ほぼ人と接することもなく1日が終わる仕事なのだなと、笑。コロナの影響で大きく変わったことが、わたしが料理をするようになったことです。きっかけはそれよりもう少し前で、1年と少し前に嫁殿がインフルエンザに罹り、続いて長女次女も罹患。家事は全てわたしがやらないといけなくなり、家族6人分の食事、その時は冬休みに入っていましたので、朝昼晩、5日間つくったことがきっかけでした。あの時何も手伝わない長男次男、子育て間違ったなと思いましたが、笑。それから料理を作るということに少し興味がわき、そしてこのステイホームで、時間がある時は台所に立つようになりました。今は、1時間で3品くらい作れるようになりました。今はネットで何でも載っていますから、アイパッド片手に便利なものです。

 

1月13日(水)

 1/9、土。夜中に愛犬がなき、おしっこがしたかったらしく、その始末を。こういうことも含め、子どもたちがきちんとしつけをするという約束だったのになあ、だーれも起きてこないなあと思いながら処理をして。寝不足で目覚めると外は雪景色。長男の高校は高台にあり、自転車での登校は無理だろうと、車で送っていくことにしていたのですが、車も心配ですから、でも授業はなくなり、ほっ。土曜授業でこの日午前のスポーツ教室もなく、アサイチでのスタッフの移動もありませんでした。次女は小2ですので、ワクワクしながら登校していきました。後からきくと雪だるまつくったり、雪合戦したりしたそうです。午後はクラブの練習へ。もう20年、土曜日の午後は昼過ぎにでかけ、トレーニングをみて、夕方帰宅という生活をしているのですが、出掛ける時は日中の最も気温が高い時なので、少し油断した格好ででかけ、ところが冬は16時を過ぎると一気に気温が下がるので、練習が終わる頃には身体が冷え切ってしまう、ということを何度経験しても学ばない48歳。

 1/10、日。朝は、長男を学校へ、次男は大会の補助員ということで競技場まで送っていきました。南国では珍しい雪景色2日目でした。夕方学校を終えた長男を迎えにいきました。

 

1月12日(火)

 1/8、金。午後から県P連役員会でした。新年度予算、事業計画について協議をしました。もうすっかり次年度モードです。令和3年度、つまり4月からですが、その頃はどうなっているのでしょうか、いろいろなことが少しずつ当たり前にできるようになってきているといいですね。計画書を見ながらいろいろなことを思いました。終わってから別案件で、これも次年度のことですが、話し込みました。あっという間に時間が経ち、バタバタと長男を迎えにいき、帰宅をしました。夜は完全防備でクラブの練習へ。ぐっと冷え込みました。身体の中心部まで冷え込み、帰宅し、風呂に入ると、足し湯ができなくて。次男が早い時間にお風呂に入ったらしく、お湯がなくなってしまいました。おいおい風邪引くよと。あがってからしっかりと焼酎お湯割りを飲んで、身体を内側から暖めました。

 

1月8日(金)

 1/7、木。終日デスクワーク、夜の8時から日Pの会議、ZOOMです。3月のイベントにつてい協議でしたが、夕方に緊急事態宣言が発出されたばかりで、当然ですが、ほぼみなさん意識ネガディブ系です。教育は、子どもたちの命と夢を育むこと。今、命最優先ですが、だけど、夢を育めているか、命を守ることばかりで、子どもたちの夢を潰していないか、自問自答します。こんな時だからこそ、夢を語ること、夢を考えること、大事じゃないか、そういう場を機会を大人が整えてあげること、大事じゃないか、そう思うのです。

 

1月7日(木)

 1/6、水。終日、デスクワーク中心。冬休みなので、子どもたちは家にいますが、ほぼ誰もテレビをつけません。テレビをつければ、コロナコロナコロナ。それよりも、スマホで好きなユウチューブ見ているほうがおもしろいし、心の平穏保てるし。危機感煽るほうが視聴率が稼げるのかもしれませんが、そろそろ報道の在り方、情報の伝え方というものを考え直さないと、もう若者はテレビ離れしているし、若い人たちに危機感が足りないというのもそういうところからきているのかもしれません。緊急事態宣言、発出ですか。当然幾ばくか効果はあるのでしょうけど、解除の時も、タイヘンですよね。解除するなという一定のバイアスもかかるわけで。

 愛犬ラテくんが(1歳1ヵ月)が、先日、禁断の果実を口にしてしまいました。テーブルの上に作って置いてあった酢豚の肉を食べてしまいました。今まで人間が食べるものは一切口にしたことありませんでしたが、以来、テーブルの上にある食べ物が気になって上がろう上がろうとします。きつく叱るのですが。

 夕方はクラブの練習に。水曜日のメニューはわたしがたてたものではないのですが、メインは150m8本を50のwalkでつなぐという、鬼メニュー。正月休み明けのなまった身体にはハードパンチでした。冷え込みましたが、明日明後日が本格的に冷え込むようです。

 

1月6日(水)

 1/5、水。ふと、20年、インターネット上に日記を書き続けている自分を不思議に感じ。20年前はブログというものもありませんでした。「トップページ」があり、そこから各コンテンツにとび「趣味の部屋」とか。まだ、ダイヤルアップですよ。知ってます?そんな中、日記をトップページにもってくるというのはかなり斬新なアイデイアだったのです。それを20年かあー。この日記はHP作成ソフトで書いて、別にFTPソフトでアップロードしています、意味わかります?これも20年変わらないスタイルです。上のカウンターってのも、もうほぼ死滅していますよね、笑。このような機能をCGIと言いますが、これももはや聞きませんねー。今はフォロワーですね。開始時の文章を読み返すこともほとんどありませんが、拙い文章に恥ずかしくなることもありますが、20歳代の頃ですので。それはそれでその時の思いです。今はSNSとか発信スタイルも変わってきていますけど、2021年も地道に続けていきたいと思います。後10年くらい続けたら何かに表彰されそうですね。

 昨日も終日デスクワーク。コラムを3本ほど書かないといけなくて、取り掛かりました。当然それぞれ立場も趣旨も違うので、頭が混乱しまいそうになりますが。

 

1月5日(火)

 1/4、月。例年であれば、年始のあいさつ回りで、教育委員会各課やマスコミ等をトドタバタと回る1年のスタートですが、今年は自粛で、静かに始まりました。年賀状を1つ1つ丁寧に読みました。総理の年頭記者会見を緊張しながら聞きました。緊急事態宣言、これがまたどのような影響を及ぼすのか、学校は?入試は?公共施設は?少し不安な気持ちは和らぎましたが、しかし、飲食関連の方、観光関連の方、本当にたいへんな思いをされていると思います。たまった資料の整理や1.2月の会議開催の案内、出欠の返事を書いたり。わたしは立場上、県教委関係のいろいろな会にでるのですが、その際交通費をいただくのですが、その度に、ほぼ同じような書類を毎回毎回書くんです。昨日だけで3枚書きました。これ、どうにかなりませんか。働き方改革、業務改善を、ぜひ、こういうところからも。

 

1月4日(月)

 明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

 暮れは26日土曜日が本業の仕事納めで、練習後の納会では最後の挨拶をいたしました。28日月曜は昼で県P連の仕事納めで、事務局で年内最後の決裁と最後に挨拶をいたしました。暮れは毎年実家に帰るのですが、それは今年はナシにしましたが、29日に長男の大学受験合格祈願のために太宰府天満宮に参拝をいたしました。久しぶりに訪れましたが、母に、48年前、わたしは二日市の病院で産まれたわけですが、その病院を退院し、初めての外出でやってきたところなのだと教えていただきました。ちなみに母の旧姓は「菅原」で、道真公一族の家紋と同じとのことです。もしかしたら深いご縁なのかもしれません。しっかりと祈願してまいりました。ラストスパート、がんばってほしいと思います。大晦日から三が日は家でゆっくりと過しました。

 箱根駅伝、母校は往路で区間19位と沈みました。今年は良いんじゃないという声もちらほら入ってきていて、トップ選手の10000mの平均タイムが一番良いんだとか?ところがです。そのかわり、大学の2学年後輩の榎木監督率いる創価大の活躍に心躍りました。監督就任の折には、わざわざ鹿児島まで来てくれて、いろいろな話をしましたが、まさか2年でここまで力をつけるとは。彼は箱根がよく似合う、箱根に愛されていますね。急に周囲が騒がしくなるかもしれませんが、あせらずじっくり力をつけてほしいと思います。

 

 

 

TOPPAGE>>